レンタルWi-Fiサービス

どんなときもwifiは通信無制限!評判を踏まえたレビューとメリットデメリットを解説!

待望の完全パケット無制限のWi-Fiルーターレンタルサービスが始まりました。

株式会社グッド・ラックが開始したサービス「どんなときもwifi」について解説していきます。

使用端末がGlocalnet U2sからD1へと変更になりましたがスペック等の仕様は変わりありません

<どんなときもwifiの概要>

月額使用料 3480円
初期費用 3000円
送料 無料
発送までの期間 最短即日発送
指定契約期間(縛り) 2年間
通信速度 20-40Mbps程度
通信量上限 なし(3GB/日,10GB/3日といった制限は一切ない)
制限速度 なし(海外で1GB 以上使用時384kbps制限、国内では制限なし)
支払い方法 クレジットカード/口座振替

データ容量無制限!どんなときもWiFi



エコー君
エコー君
レンタルWi-Fiなのに使い放題って本当!?
正式名称 どんなときもWiFi
会社名 株式会社 グッド・ラック
住所 福井県福井市栂野町第15号1番地2
電話番号 0120-048-277
公式HP どんなときもWiFi

どんなときもWIFIの口コミから見る評判

どんなときもWIFIの口コミ評判をTwitterで見てみましょう。

Twitterといえば様々な不満が飛び交うイメージが強いですが…ほとんどどんなときもWIFIの不満は見られませんでした

私は検証用にどんなときもWIFIと縛りなしWIFIを持っていますが…

同様に縛りなしWIFIをTwitterで検索すると、不満ツイートが非常に多く見られました。

やはり、2019年3月―4月の対応不備やサポートセンターのつながりにくさが尾を引いているのでしょう。

それにしてもいつ解約しても違約金がかからないというコンセプトは非常に使いやすいと思います。

縛りなしwifiの口コミ評判から見えたデメリットとは。どんなときもWIFIとの比較しての料金はどうか。 WiMAX/ポケットWi-Fiとは屋外でもパケット通信料無制限で定額で使い放題のモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです...

データ容量無制限!どんなときもWiFi

どんなときもWIFIにデメリットを探してみる

Twitterでの評判が非常にいいどんなときもWIFI。

CMも佐藤二朗×今田美桜を起用するなど、非常に話題性に富んでいます。


口コミでは非常に評判がいいですが、デメリットを考えてみましょう。

  • 通信速度はどうか
  • パケット通信料に制限はあるか
  • 契約縛り期間はどれくらいか
  • 海外利用では追加料金はどのくらいか
  • WPS機能は使えるか

どんなときもWIFIの通信速度は遅いか

レンタルワイファイルーターを使う上で気になるのは通信速度です。

どんなときもWIFIはWiMAXやポケットWi-Fi等とは違い、クラウドSIMという仕組みを用いて通信を行っています。

これはドコモ・au・ソフトバンクの電波網を使用することが出来るだけでなく、その場所で一番つながりやすい電波網をキャッチして通信できるという優れものです。

よって、WiMAXやポケットWi-Fiでは使えないNTTドコモの通信回線網を使用してデータ通信が行えます。

時間帯によって異なりますが、私のスマホでどんなときもWIFIの通信速度を計測してみました。

下り30Mbps出ていれば十分でしょう。

ただし、体感的に「遅いな」と感じる時間帯があります。

速度が遅いと感じる時間帯は確かにあります。

どんなときもWIFIの速度が遅いと感じる時間帯
  • 7時-8時
  • 12時-13時
  • 19時-21時

上記時間は通勤時間帯や昼休み、仕事や学校から帰宅した時間帯とほぼ一致します。

無線通信の特性上、使用するユーザーが多いと通信速度が低下する傾向があります。

私の場合、下り15Mbps程度は出ていました。

「遅い」というのは一概にすべての時間帯には言えず、この特定の時間帯だけかもしれません。

どんなときもWIFIで通信速度が遅いということは多くのユーザーにとってはないといっていいでしょう。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

どんなときもWIFIに通信制限はあるか

既存のWiMAXやポケットWi-Fiは「パケット通信料無制限」と謳っていますがこれにはちょっとした裏があります。

普通のレンタルワイファイルーターの注意点
  • 契約形態によって月の上限通信料(7GB/月)が決められる場合がある(フラットプラン)
  • WiMAX→10GB/3日の通信料を超えると一時的に速度制限がかかる(制限後1Mbps)
  • Pocket Wi-Fi→3GB/日の通信料を超えると一時的に速度制限がかかる(制限後1Mbps)

このように数日単位で見ると通信制限が存在します。

これに対して、どんなときもWIFIでは、そういった数日単位での通信制限が一切ありません。

1日どれだけ通信しても定額なの!?

驚くべきことに、一日で100GB通信しても制限はかかりません。

これには本当に驚きました。

道理で口コミ評判がいいわけです。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

2年間の契約縛り期間がある

どんなときもWIFIは契約期間に縛りがあります。

Q:最低利用期間はありますか

A:期間は2年毎の自動更新となり、初回は25ヶ月目が更新月になります。
更新月以外のご解約には別途解約手数料が必要となります。

0〜12ヶ月:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月:14,000円(税抜)
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:9,500円(税抜)

引用:どんなときもWiFi

このように25か月目以外では解約に手数料が発生してしまいます。

お試しで使いたい!という用途であれば

縛り期間のない「縛りなしWIFI」の方がおすすめです。

縛りなしWi-Fiの詳細を見てみる

海外利用では追加料金がかかる

Q:海外で利用した場合の料金はいくらですか?

A:日本での月額料金とは別に海外でご使用された日数分×エリア別海外利用料が発生致します。
①1,280円/日 or ②1,880円/日(非課税)
なお海外で電源をOFFにして通信をしなかった場合は利用日数にはカウントされません。

前述しましたが、この料金設定は海外使用のレンタルWi-Fiサービスとほぼ同等です。

しかも1GB/日の使用が可能です。それ以上使った場合のみ、速度制限(384kbps)がかかります。

海外で利用する場合に追加料金がかかることをデメリットとしてあげましたが、これは仕方ないでしょう。

むしろ、相場料金で自前のWi-Fiルーターがそのまま使えるのはメリットとも言えます。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

WPS機能が使えない

WPS機能とは、煩雑な接続設定をせずにボタン一つでWi-Fiルーターと無線機器を接続できる機能です。

どんなときもWIFIで支給される端末「GlocalNet u2s/D1」ではWPS機能がついていません。

よって、ペットや子供の見守り用、防犯用に使用しているネットワークカメラの接続ができない場合があります。

(ウチはIO-DATAのQwatchでしたが使えずにWPSがついたWIFIルーターで運用しています。)

この端末だけに限らず、WiMAXやポケットWi-Fiでも同様にWPS機能がついていない機種があります。

そういった場合はモバイルルーター対応モデルのネットワークカメラを購入しましょう。

 

どんなときもwifiの7つのメリット

以下、7点がどんなときもwifiのメリットです。

  • メリット①:通信制限がない
  • メリット②:通信速度が速い
  • メリット③:ドコモの電波網が使える
  • メリット④:料金形態が分かりやすく安い
  • メリット⑤:国内外問わず使用可能
  • メリット⑥:最短即日発送ですぐに届く
  • メリット⑦:端末料金が無料
  • メリット⑧:口座振替が使える

ポケットWi-FiやWiMAXのように通信制限がない

レンタルWi-Fiサービスの一番のデメリットは、光回線のように月額の通信上限はなく「使い放題」を謳っていますが、設定された期間において一定以上の通信容量を超過すると、通信制限が発生してしまうことです。

代表的な端末の通信制限
  • WiMAXは10GB/3日を超えると1Mbpsに制限→翌日解除
  • ポケットWi-Fiは3GB/1日を超えると1Mbpsに制限→翌日解除

特にこの制限は動画サービスを多く利用するユーザーからは大変不評でした。

ゲーム動画の配信などを行う方にとってこの通信量というのは非常に少なく感じます。

また、Amazonプライムビデオ等やHulu、Netflex等のインターネット動画配信サービスを常用する方にもお勧めできるものではありませんでした。

その点「どんなときもWIFI」は本当の意味で通信量の制限がありません

1か月に100GB使っても定額なのです。

このサービスであれば、光回線からの乗り換えも十分可能なため

光回線を引きながら大容量のスマホパケットサービス利用している方や、レンタルWi-Fiサービスを利用している方にとっては

乗り換えることで光回線分(5000円/月程度)が節約できてしまいます。

※海外利用の際は1GB/日以上使用すると通信制限(384kbps)がかかります。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

通信速度が速い(=WiMAX比較で若干遅い)

公式HPでは「150Mbps」の通信速度を謳っていますが、これはあくまでも理論値です。

実際の通信速度は「20~40Mbps」程度となっていることが多いです。

WiMAXの通信速度は実測値で「30-60Mbps」となっているため

WiMAXと比較すると「若干遅い」評価になります。

しかし、個人的主観においては体感速度でそこまで大きく違いはないと考えています。

ドコモの通信電波網が使える

前述のポケットWi-Fi/WiMAXはそれぞれ

ソフトバンク/auの電波網を使用しています。

どちらも人口カバー率はほぼ99%と問題ないのですが、ドコモに比べると遮蔽物に若干弱いという印象があります。

昨今では気密性の高い建築物が増えてきているため、建物の中ではレンタルWi-Fiルーターが圏外で通信できないということがあります。

その点において、「どんなときもWIFI」では

ドコモ/au/ソフトバンク

のトリプルキャリアに対応しています。

これはレンタルWi-Fiルーターに直接SIMカードを刺さずに、クラウドサーバーにあるSIMカードを使用する「クラウドSIM」という仕組みを使って通信しているため

使用場所に一番最適な電波を自動的に選択してくれます。

遮蔽物の中にいても、3キャリアのそれぞれの遮蔽物に強い電波【Band19=ドコモ,8=ソフトバンク】をキャッチしてくれるので

非常に使い勝手の良いものとなっています。

いわゆる「プラチナバンド」と呼ばれる帯域です。

難しいことは抜きにして、どんなときもWIFIは地下鉄でも使えるというメリットがあります。

※auの遮蔽物に強い電波帯であるband18,26については端末の仕様上未対応となっています。

参考:https://telektlist.com/career-bands/

データ容量無制限!どんなときもWiFi

料金形態が分かりやすく安い

大体のレンタルWi-Fiサービスというのは

「○○キャンペーンでキャッシュバック!」

「○○か月無料!割引割引…!」

というものがほとんどで、実際の料金が一体いくらかかるのか非常に分かりにくいです。

最近リリースされた「縛りなしWi-Fi」はそんなサービス業界に革新を起こして

月額3300円!という割り切った価格で勝負を挑んできて、見事成功しました。

追記:縛りなしWi-Fiも対抗して縛りあり2800円/月の新プランを発表しました

縛りなしwifiの口コミ評判から見えたデメリットとは。どんなときもWIFIとの比較しての料金はどうか。 WiMAX/ポケットWi-Fiとは屋外でもパケット通信料無制限で定額で使い放題のモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです...

「どんなときもWIFI」はそんな縛りなしWiFiよりちょっと高めですが

月額料金3480円で使うことができます。

どんなときもWIFI 縛りなしWi-Fi Broad WiMAX
月額使用料 3480円 3300円 4011円

 

データ容量無制限!どんなときもWiFi

国内外を問わず使用可能=海外でも使える

レンタルWi-Fiサービスは基本的には日本国内でしか使うことができません。

やはり従来型のSIMサービスを利用している関係上、海外で使うには現地のSIMカードを刺しなおさなくてはいけません。

しかし、「どんなときもWIFI」であれば「クラウドSIM」を採用しているため、日本でも海外でも自動的にその土地にあった最適なSIMを選んでくれます。

このため、日本国内だけでなく、世界107か国で使用することが可能です。

ハワイ旅行など、海外旅行へ行く際には「イモトのWiFi」等のレンタルが主流となっています。

イモトのWi-Fiはハワイで使用する場合、LTE通信であれば1GB/日で1880円/日かかります。

「どんなときもWIFI」を海外で使用する場合には、日本での月額料金に加算して

①1,280円/日 or ②1,880円/日(非課税)

がかかります。

これだけ見てもほぼイモトのWiFiと同額です。

渡航地域によって適用金額が変わってくると思いますので詳しくは公式HPよりお問い合わせください。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

最短即日発送ですぐに手元に届く

レンタルWi-Fiサービスの多くは、申し込みから商品受け取りまでに時間がかかってしまうことが多いです。

どんなときもwifiは下記の条件で最短即日発送になります。

<最短即日発送の条件>

  • 平日:~13時までの申し込みで即日発送
  • 土曜日:~11時までの申し込みで即日発送

データ容量無制限!どんなときもWiFi

端末料金がかからない

レンタルWi-Fiサービスの多くは、利用する端末の利用料金が発生します。

そんな中、「どんなときもWIFI」では端末自体もレンタル契約に含まれているため、端末自体に料金がかかりません。

すべての利用料金を含めて

月額3480円

となっていることは非常に魅力的です。

支払方法に口座振替が使える

多くのレンタルワイファイサービスの支払方法をクレジットカードのみですが

どんなときもWIFIは支払方法にクレジットカードを選択することができます。

ただし口座振替の場合、クレジットカードで支払うよりも月額で500円高くなります

初月~24か月目までは ¥3,980- となり

それ以降は ¥4,410- となるので注意が必要です。

クレジットカードの方がお得なのでクレジットカードで支払うことをお勧めします。

おすすめは楽天カードです。

ポイント還元率1%の高還元に加えて、楽天市場使用で3%

さらにお買い物マラソンセール中は最大43%還元になります。

ためたポイントはそのまま投資信託案件を買うことが出来て、それを売却すれば現金かも容易です。

どんなときもWIFI実機レビュー!

実際にどんなときもWIFIをレンタルしてみました。

専用の箱で届きました。

かなりかっこいい厳重な化粧箱に入っています。

もちろん中身は新品です。

<中身>

  • GlocalNet U2s(本体)
  • ストラップ
  • 取扱説明書
  • micro USB-USB type Aケーブル
エコー君
エコー君
現在ではU2sからD1と端末の名称が変わっているけどスペック等詳細は変わりないよ!

充電器は付属しませんので、手持ちのものを使うかAnker等の急速充電対応の充電器を用意する必要があります。

本体はこんな感じです。

iPhoneXSと同等くらいのサイズ感です。

腕時計と比較した時のサイズ感です。

構成はいたってシンプル。

電源ボタンしかありません。

充電はmicro USBケーブルで行います。

液晶表示はなく電波表示と電池表示等、最小限です。

この辺に機能美を感じますね。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

縛りなしWiFiとの比較(サイズ感)

同時契約をしている「縛りなしWiFi」との比較です。

サイズ感としてはどんなときもWIFI本体の方が一回り大きいです。

薄さとしてはどんなときもWIFIの方が薄いので、こちらの方が持ち運ぶ際はかさばらずに済みます。

重量に関してはほぼ一緒くらいです。

縛りなしWi-Fiの詳細を見てみる

データ容量無制限!どんなときもWiFi

どんなときもWIFIと縛りなしWIFIを比較

Twitterで酷評されている縛りなしWIFIと比較してみました。

どんなときもWIFI 縛りなしWiFi
基本料金 ¥3,480- ¥3,300-(縛っちゃうプランで¥2,800-)
初期費用 3000円 無料
24か月コスト 83250円 79200円(縛っちゃうプラン67200円)
送料 無料 無料
発送 最短即日発送 最短翌日発送
縛り期間 24か月間 なし(縛っちゃうプランは36か月縛り)
通信速度(実測値) 20-40Mbps程度 30-60Mbps程度
通信容量制限 なし 3GB/日(ポケットWi-Fi),10GB/3日(WiMAX)
通信制限時 なし(海外で1GB 以上使用時384kbps制限、国内では制限なし) 1Mbps

 

データ容量無制限!どんなときもWiFi

縛りなしWi-Fiの詳細を見てみる

縛りなしWIFIと比較した際の料金

どんなときもWIFI 縛りなしWiFi
基本料金 ¥3,480- ¥3,300-(縛っちゃうプランで¥2,800-)
初期費用 3000円 無料
24か月コスト 83250円 79200円(縛っちゃうプラン67200円)

コストとしては、どんなときもWIFIの方が若干高めに設定されています。

年間で180円×12ヶ月=2160円の差になります。

この価格差をどう考えるか…ほかの項目も見ていきましょう。

縛りなしWi-Fiの詳細を見てみる

縛りなしWIFIと比較した契約期間

どんなときもWIFI 縛りなしWIFI
縛り期間 24か月間 なし

(縛っちゃうプランは36か月縛り)

どんなときもWIFIは24か月契約に対して、縛りなしWIFIの契約期間はありません。

最低利用1か月で解約できます。

解約は申込月の翌月末となりますので、最短で契約~解約までに2か月を要することになります。

縛りなしWIFIの一番のメリットは解約違約金がかからないということです。

試しにレンタルワイファイルーターを使おうと思っても36か月縛りが主流の業界です。

どんなものか試したい人にはおすすめでしょう。

※36か月縛りの「縛っちゃうプラン」であれば月額2800円で使用することが出来ます。

縛りなしWi-Fiの詳細を見てみる

縛りなしWIFIと比較した際の通信速度

どんなときもWIFI 縛りなしWIFI
通信速度(実測値) 20-40Mbps程度 30-60Mbps程度

実測値で見ると若干どんなときもWIFIの方が遅いです。

しかし、通信環境や時間帯によって大きく異なってきますので、一概には言えないでしょう。

また、どんなときもWIFIのメリットとしては、ドコモの電波網を使えるので地下鉄等遮蔽物の中でも使用できるというメリットがあります。

速度だけ見ると似たようなものですが、地下鉄で使えるという点ではどんなときもWIFIの方が優れています。

縛りなしWIFIと比較した際の通信制限

通信容量制限 なし 3GB/日(ポケットWi-Fi),10GB/3日(WiMAX)
通信制限時 なし(海外で1GB 以上使用時384kbps制限、国内では制限なし) 1Mbps

縛りなしWIFIは数日間のパケット使用量によって通信制限がかかってしまいますが

どんなときもWIFでは、通信制限がかかることがありません。

この点においてはまさに唯一無二の使い勝手の良さです。

動画コンテンツやゲーム配信実況、オンラインゲーム等を行う方はどんなときもWIFIの方がおすすめでしょう。

一方で、そこまで動画コンテンツを見ないというのであれば縛りなしWiFiが魅力的です。

縛っちゃうプランを選択すれば36か月縛りとなりますが期間中は2800円/月となります。

縛りなしWi-Fiの詳細を見てみる

縛りなしWiFiと比較した際のスタンバイ時間

モバイルWIFIルーターは電源を入れている間、常にスタンバイ状態になっています。

そのため、電源を入れっぱなしにしていれば電池を消耗してしまいます。

  • 縛りなしWiFiの電源投入から電池切れまで約10時間
  • どんなときもWIFIの電源投入から電池切れまで約12時間

おおよそカタログ値どおりのスタンバイ時間でした。

本体のサイズ感が若干大きい分、電池の持ちもどんなときもWIFIの方がいいようです。

どんなときもWIFIの契約方法

公式ホームページにアクセスして順に申し込むだけなので難しいことは一切ありません。

  1. 公式HPへアクセス
  2. 支払い方法を選ぶ
  3. ACアダプターオプションを選ぶ
  4. 保障の有無を選ぶ

という形になっています。

支払い方法は

  • クレジットカード:3480円
  • 口座振替:3980円

となっているため、クレジットカードを選びましょう。

2年間で差額500円×24か月=12000円の違いです。

クレジットカードをお持ちでない方はこれを機に作成してもよいかと思います。

ポイント還元率がよいクレジットカードのお勧めは

  1. 楽天市場使用で3%ポイント還元の楽天カード
  2. 常時1.2%ポイント還元のリクルートカード

です。

こちらでも紹介しています。

ACアダプターオプションについては急速充電対応のものが1800円で購入できますが、通常のUSBタイプの充電器をお持ちであれば問題なく充電できます。

また、AmazonでUSB-PD対応の充電器を買った方が安いです。

最後は安心保障です。

万が一端末を紛失/破損した場合は、18000円の請求が来ます。

これを月額400円で「破損」のみ保証するというオプションです。

※紛失は保証されません。

ここは個人の自由だとは思いますが、落下させたりしない限りそう簡単に壊れるものではありませんので、私はこのオプションに介入していません。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

どんなときもWIFIの解約方法

解約の場合はカスタマーセンターに連絡をする必要があります。

どんなときもWIFIカスタマーセンター

0120-048-2777(フリーダイヤル)

指示に従って端末を配送して返却します。

返却が完了し、返却確認メールが届くと解約終了です。

また、初期契約解除も受け取って8日以内であれば可能です。

「商品」を受けとった日から起算して 8 日以内に、事前の電話申告もしくは書面により本契約の解除申請を行うことができます。 申告は当社カスタマーセンター(0120-048-277)にお願い致します。
初期契約解除受領には商品を受け取った日から起算して8日以内に当社指定住所へ端末一式の発送が必要となります。
返却頂けない場合、返却期日を過ぎている場合、また返却端末に欠品(本体/USBケーブル/取扱説明書/個装箱)が一点でもある場合は機器損害金として18,000円(税抜)を請求致します。端末返却時の送料はお客様負担となりますので予めご了承ください。

初期契約解除制度を受付た場合であっても事務手数料3,000円(税抜)はお客様負担となります。

初期契約解除制度について詳しくみる 「重要事項説明書」

引用:どんなときもWiFi

どんなときもWIFIの契約に向いていない人

どんなときもWIFIの契約に向いていないのは

「WiMAXやポケットWi-Fiをお試しで使いたい」というケースでしょう。

残念ながらどんなときもWIFIは契約期間が2年と決まっており、それ以外で解約すると違約金が発生してしまいます。

契約期間に縛りがなく、どんなときもWIFIとほぼ同額でレンタルWi-Fiサービスを利用したいのであれば

縛りなしWiFi」というサービスがおすすめです。

民泊利用や出張での一時利用、入院、転勤等の方に広く利用されています。

データ容量無制限!どんなときもWiFi

まとめ

本当に使い放題なんだね!

いかがでしたでしょうか。

どんなときもWIFIは

  • 月額使用料が安い(3280円/月)
  • 他サービスに比べて繋がりやすい
  • 速度が速い(実測20~40Mbps程度)
  • 本当の意味でパケット使用量無制限

というレンタルWi-Fiサービスの理想形を実現しています。

2年間の縛り期間を考えても、これ以上のサービスに乗り換えるほうがデメリットのような気がします。

今最も旬な「どんなときもWIFI」、非常におすすめです!

データ容量無制限!どんなときもWiFi

ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。

各社公式ホームページ

乗り換え前の準備*

端末についての留意点*

MNP(電話番号の引き継ぎ)方法*

格安SIMの選び方ガイド*

格安SIM各社の特徴*

  • 実店舗がある格安シム事業者を比較
  • 楽天モバイルの特徴と選ぶ理由
  • UQモバイルの特徴と選ぶ理由
  • ワイモバイルの特徴と選ぶ理由
  • OCNモバイルONEの特徴と選ぶ理由
  • イオンモバイルの特徴と選ぶ理由

格安SIMの注意点*

パケット節約情報*